>
掲示板~BBS~
> ユーロの下落でユーロスイスに注目しています

ユーロの下落でユーロスイスに注目しています

ユーロの利下げ以降当然ドラギ総裁の思いどおりユーロが激下げ状態ですが、最近ユーロスイスに注目しています。スイスは世界第4位の金保有国です。金がですから上昇すればスイスフランも上昇する可能性が高い通貨で、スイスフランは低金利通貨ですから長期間保持していてもスワップがつくわけでもないのであまり面白くないのですが、私が俄然注目しているのがSNB・スイス中央銀行によるユーロに対する為替介入です。2010年以降の欧州におけるソブリンリスク以降、このSNBは公然とユーロスイスフランで1.2を下回った場合には際限なく為替介入をすると宣言しており、実際に為替介入に踏み切った実績を持っています。したがってこのラインに近づいたときにまた同様の為替介入があれば、確実に跳ね上がることとなるため、最近のECBによる金利引き下げで下落したユーロの状況下でも非常に大きな注目を浴びている状況にあるのですね。一応ユーロスイスの1.2のところで買いを入れているのですが、これは失敗する可能性があるという人もいてどうなることか様子を見守っています。たしかに1990年にジョージソロスがポンドを売ってイングランド銀行を打ち負かしたこともあるので無制限介入などをスイスが出来るかどうかですが、ストップロスを入れてその日が来るのを待ち構えている状態です。

他の掲示板も確認する

スイスフランは本当に対ユーロ1.2で無制限に介入するのでしょうか?

9月のスコットランドの独立問題での投票時にはポンドもユーロもかなり乱高下することとなりましたが、その中でも注目されたのが......