TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年7月6日、AUD/JPY)

今週の為替レート予想(2015年7月6日、AUD/JPY)

2015/07/06


日本時間の昨晩2015年7月5日(日)に、ギリシャで国民投票が実施されました。この投票の世論調査では、反対派が賛成派を3%程度上回っているという予想でした。


しかし、結果を見ると、反対派の圧勝です。反対の得票率は60%以上になりました。反対票は賛成票の1.5倍にもなったということです。ユーロ圏諸国にとっては面白くない結果でしょう。

報道を見る限り、ギリシャは返済額の減額や緊縮財政の緩和を求めて債権団と交渉したい模様です。ユーロ圏から離脱するという選択肢は見えてきません。

一方、債権団の様子を報道から見る限り、一言で書けば「もう、うんざり」という言葉で十分表現できるように思います。欧州には、PIIGSと呼ばれた問題諸国がありました。ポルトガル、アイルランド、イタリア、スペインは小康状態または回復途上にあるようですが、ギリシャがどうにも良くなりません。

返済条件を緩くするから制度改革と緊縮財政を実行しなさいと言ってきたのですが、ギリシャが嫌だと言えば、どうしようもありません。ギリシャには、借りたお金は返すという選択肢はないようです。 

 

豪ドル/円(AUD/JPY)の値動き予想


最近のAUD/JPYは円高方向への動きがみられます。そこで、AUD/JPYの予想をしてみましょう。短期~中長期の為替レート変動について、ギリシャ問題がAUD/JPYにどのように影響を及ぼすのか、現時点で予測することは難しいです。

ギリシャがユーロ圏から離脱して混乱するのか、あるいは離脱によって「病巣」を取り除いたと判断されてユーロが強くなり、これが世界経済にもプラスに働くのか。はたまた、債権団が条件を緩くして、これからも問題が長々と続くかもしれません。

今回は、世界経済にとってマイナスに影響が及ぶと想定しましょう。すなわち、AUD/JPYが円高に振れると想定します。AUD/JPYの値動きをどのように考えれば良いでしょうか。

最初に、日足チャートをご覧ください(下のキャプチャは、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「Trading Station 2」のチャートの一部です。以下同じ。)



白で補助線を引きました。ここが日足の下値目途だと想定できます。およそ91円あたりでしょうか。7月6日に大きな窓が空きましたが、この記事を執筆した時点ではこの下値支持線の上で推移しています。

次に、週足のチャートで確認しましょう。



日足と異なり、少し右肩上がりの下値支持線を確認できます。現在の下値支持線のレートは91円くらいでしょうか。多少の誤差はあるでしょうが、日足で考えた場合の下値支持線と同じような位置にあります。

最後に、月足で確認しましょう。



月足も補助線を一本引いています。月足の補助線は、上の2本と少し特徴が異なります。この補助線は、2010年~2012年にかけて上値抵抗線として機能しました。為替レートがこれを上回ったら、今度は下値支持線として機能しています。この補助線はAUD/JPY=90円前後でしょうか。

上の3つのチャートを考えますと、重要なポイントは1点だということが分かります。すなわち、AUD/JPY=90円~91円あたりです。このラインは過去6年かけて機能しているラインです。すなわち、とても強力ですから、ここを超えて円高になるのはかなり難しいと予想できます。

しかし、ひとたび超えてしまえば、今度は90円を超えて円安に戻ることがとても難しいということになります。中長期でAUD/JPYを買って持っているという方は、AUD/JPY=90円~91円あたりに注目すべきかと思います。
 

AUD/JPYはスワップポイントが高いので、長期の売りで仕掛けるのは勇気が要るものです。そこで、スイングトレードなら売りで勝負できるか?と考える方が多いのではなかろうかと思います。

スイングトレードでしたら、スワップポイントも重要ですがスプレッドにも十分に配慮したいです。スイングトレードは2日~3日程度で決着がつくことも珍しくないので、繰り返し取引するとスプレッドの広さが損益に響いてくるためです。

業界最小水準のスプレッドを提供するFX口座として、GMOクリック証券を紹介します。わずか0.7銭のスプレッドでAUD/JPYを取引できる口座はなかなかありません。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事