TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年7月13日、豪ドル/円(AUD/JPY))

今週の為替レート予想(2015年7月13日、豪ドル/円(AUD/JPY))

2015/07/13


先週の「今週の為替レート予想」を書いたのは7月6日でした。それから1週間。さすがにギリシャ問題は一応の決着を見ているだろう・・・と期待したのですが、まだまだ終わりは先になりそうです。


週末の会合において債権団は、ギリシャに対して追加の措置を取るよう要求したようです。さらには、口約束で終わっては困るということでしょうか、先にギリシャ議会で法制化しなさいという条件です。それも数日以内で。

米国と欧州の主要メディアの報道を見ると、ギリシャを救済する条件が最も大きな問題なのではないと分かります。「ギリシャが何を言っても信用できない」ということです。やるといってもやらないかもしれない、だから先にギリシャ議会で法制化したら追加支援をしてやっても良いという状況です。


さて、ここで私には一つの疑問があります。国民投票で債権団の案を否決した後にギリシャが提出した案。それは、債権団の当初案と似ていると報道されました。そして、週末の協議を経た後で債権団がギリシャに要求した内容を追加で反映する場合、国民投票で否決した内容とどれほど違うのだろうか?ということです。

国民投票でギリシャ国内を2つに分裂させかねない状況に追い込み、ギリシャ経済を混乱させ、債権団の信頼を失い、その結果出てきた結果が元の案と似ている・・・?国民投票は何だったのか、良く分かりません。

実際、ギリシャ国内では政府に対するデモ活動が展開されているようです。

そのような状況ではありますが、今週前半の舞台は再びギリシャ国内に移ります。どのようになるか、今週も目が離せないでしょう。


さて、先週は豪ドル/円(AUD/JPY)のチャート分析をしました。ギリシャ問題を受けて各通貨ペアは値動きが極めて大きかったのですが、どのようになったか確認しましょう。下のチャートは楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「FX Trading Station 2」のキャプチャです。



わずか2週間ほどの間に、AUD/JPYは95円くらいから一時90円割れまで一気に円高が進んだことが分かります。90円あたりでどのように値動きをするか注目していましたが、急反発して週末を迎えました。

週足と月足でAUD/JPY=90円~91円あたりに相場の壁を確認できることを、先週の「今週の為替レート予想」で確認しました。これが機能している可能性があります。現時点での週足と月足のチャートを確認しましょう。上側が週足チャート、下側が月足チャートです。





週足でみると、現在の為替レートはかなり微妙な位置にいます。とはいえ、まだ下値支持線を下回ったと断定することはできないでしょう。

相場の壁は具体的にどのレートに位置しているのか?これを明確に出すことは難しいのですが、引き続きこの辺りのレートが重要な壁として機能すると予想します。

なお、下のチャートで日足で確認すると、今現在、まさに下値補助線の上を維持できるかどうか?というあたりにあることが分かります。ギリシャ問題で今週も大きな報道がいくつかあってもおかしくありませんから、このラインを注目しましょう。



では、この下値支持線を下回ってしまう場合の中長期的な目標値を考えましょう。下のチャートをご覧ください。



白で補助線を引いた辺りに目途を確認することができます。75円くらいでしょうか。仮にこれが実現するとしても、かなり時間がかかるだろうとは思いますが、可能性があるかもしれないと頭の片隅に置いておくのも悪くないでしょう。
 

以上の様子から、今週も値動きの大きな状態が予想されます。いつもよりも多少大きめのスリッページが出てしまったり、スプレッドが広がったりしてしまうのもやむを得ないかもしれません。

そこで、標準スプレッド制を採用しているFX口座で、かつスプレッドが極めて狭い口座で取引したいです。AUD/JPYで業界最小水準を提示する口座の一つにDMMFXがあります。同社のAUD/JPYスプレッドは0.7銭ですから、とても狭いといえるでしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事