TOP > 人気記事 > 楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「FX Trading Station 2」のチャートを使いこなす(メモ機能、MT4)

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「FX Trading Station 2」のチャートを使いこなす(メモ機能、MT4)

2015/07/16


当コラムで使用しているチャートは、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)の「FX Trading Station 2」から引用しています。普段はチャート画面を参考として扱っていますが、今回は主役にします。FX Trading Station 2の機能をしっかり使いこなしてトレードしましょう。


チャートの色を変更できます、チャート上から発注できます、あるいは、表示できるインジケーターは××種類ですという話も良いのですが、この辺りは他社のチャートでもできるものが多いです。そこで、これらの話は省略します。FX Trading Station 2に独特、あるいは他社ではあまりなさそうな機能に絞ります。

 

チャート上にメモ機能


トレードをしているとき、メモしたくなることはありませんか?そのとき、どうしましょうか。

1. ワードやエクセルなどを立ち上げて入力
2. ペンで手書き
3. 面倒だから書かない

概ね、この3種類ではないでしょうか。

エクセルでメモを取るとしましょう。まず、画面を切り替えます。次に、いつの話なのかが分かるように日時を書きます。そして、どのようなチャート形状になったからどうしたこうしたと書いたり、どんなニュースが入って来たと書くでしょう。

スイングトレードやポジショントレードならば、これで十分です。しかし、デイトレードならば、この方法では欠点があります。


欠点1. 入力すべき情報が多すぎる

デイトレードはのんびりとしたトレードではありません。何時何分にどんなことが起きて云々・・・と書いているうちに、為替レートが動いてしまいます。

欠点2. チャート画面から目を離してしまう

画面を切り替えると、チャート画面が一時的に見られなくなります。エクセルに入力している間に為替レートが動いても、それに気づくことができません。

その欠点を回避するために、画面を分割して同時に2つの画面を表示させたとします。すると、チャート画面が小さくなってしまいます。値動きをしっかり目で捉えて判断するには、チャートは大きいほうが望ましいです。

これに比べて、FX Trading Station 2の場合は、チャート上に直接書くことができますので、これらの欠点がありません。では、入力の方法をご案内します。以下のキャプチャはFX Trading Station 2のチャート画面です(以下同じ)。


1. 入力モードを「半角英数」にして、チャート画面上で「t」のキーを押します。すると、マウスカーソルの上に「abc」の文字ができます。文字入力モードになりました。右クリックすれば、キャンセルできます。

2. 文を入力したいところでマウスを左クリックします。すると、下のダイアログボックスが出てきますので、自由に文字を入力してください。その後、「ok」をクリックするか、エンターキーを押してください。



3. 文字を削除したい場合は、文字の上で右クリックしてください。そして、「削除」を選択すれば消すことができます。

文字で書くとどうしても説明が長くなりますが、実際に使っていただくと分かります。「極めて簡単にチャート上に文字を表示できる!」ということが。なお、フォントなどを変更したい場合は、自由に変えることができます。皆様のお気に入りをご利用ください。

 

MT4の取引ができる(裁量トレード)


MT4はとても高機能なツールですが、ある種の使いづらさはどうしても否めません。特に、裁量トレードをMT4でやろうとするときに感じるのではないでしょうか。

FX Trading Station 2では、MT4口座の情報を表示することができます。そして、取引もできます。すなわち、MT4口座の裁量取引ができるということです。

これが、かなり便利です。

例えば、MT4で取引注文をいくつも発注していたとしましょう。途中で方針転換して注文を削除したくなったとします。MT4の場合は、注文を同時に削除する機能が標準搭載されていません。このため、注文を一つ一つ削除していくことになります。

しかし、FX Trading Station 2だったら、サクッと注文を一気に削除できます。これは例ですが、FX4の難点をFX Trading Station 2でカバーできます。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事