TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年7月20日、トルコリラ/円(TRY/JPY))

今週の為替レート予想(2015年7月20日、トルコリラ/円(TRY/JPY))

2015/07/20


毎週、相場予想をお届けしています。普段は日本のFXで取引量が比較的多いメジャー通貨ペアを予想することが多いですが、今回はトルコリラ/円(TRY/JPY)を検討しましょう。


従来からTRY/JPYを取引できたFX口座はありますが、最近数年でTRY/JPYを取り扱うようになったFX口座が増えたような印象があります。その理由はいくつかあるのでしょうが、スワップポイントが極めて高いということも、その理由の一つにあるでしょう。

高金利通貨ペアと言えば、豪ドル/円(AUD/JPY )や南アランド/円(ZAR/JPY)がもてはやされた時期がありました。しかし、TRY/JPYが多くのFX口座で取引できるようになると、それらの高金利メリットがかすんでしまうくらいにTRY/JPYのスワップポイントが高いです。

そこで、TRY/JPYを買って持っているという人が少なくないと予想します。この場合、TRY/JPYが上昇するほうが望ましいということになります。今後、TRY/JPYは上昇を見込むことができるでしょうか。 

 

週足チャートでTRY/JPYを確認


では早速、週足チャートでTRY/JPYの様子を確認しましょう。チャートは楽天証券(旧FXCMジャパン証券)の「FX Trading Station 2のキャプチャです(以下同じ)。



全体として、緩やかに円高方向に進んでいることが分かります。この間、米ドル/円(USD/JPY)を始めとして、様々な通貨ペアで円安が進行したのですが、TRY/JPYは逆に円高が進んでいたということです。

ということは、円が全体として円高傾向に推移するとき、TRY/JPYは円高になる速度をさらに速める可能性があるでしょう。注意が必要です。

では、この週足に補助線を引いてみましょう。



上から2つ目の補助線は少し変則的ですが、このように線を引くことが可能でしょう。これらの補助線は上値抵抗線として機能していることを想定して描きました。補助線のあたりまで為替レートが上昇すると、そこからなかなか上に行かなかったり、円高方向に反落している様子が分かります。

 

日足チャートでTRY/JPYを確認


次に、日足チャートでTRY/JPYを確認しましょう。週足で確認できた上値抵抗線はどの位置にあるでしょうか。

週足だったチャートを日足に変更しましょう。すると、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)を使っている方は気づくでしょう。「週足チャートで引いた補助線(上値抵抗線)が、日足チャートでも表示されている!」ということに。

日足チャートだけを眺めていたら、週足のこのような補助線をイメージすることはとても大変です。複数の足でチャート分析するときには、このような機能をぜひ利用したいです。(→ 楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「FX Trading Station 2」のチャートを使いこなす(マルチタイムフレーム)


さて、話を戻しましょう。日足チャートでも上値抵抗線を引くことができます(黄色の線)。補助線はチャートの上のほうにあります。



この黄色の補助線を引くのに、あまり苦労することは無いでしょう。分かりやすいチャートの形状です。今年3月から、TRY/JPY=47円に比較的強力な上値抵抗線があることを確認できます。また、44円と45円あたりに下値支持線を見つけることができます。

そして、週足では高値が下落する傾向にあるものの、買いの側のスワップポイントがとても高い・・・。すなわち、売りでトレードすると、スワップポイント損がとても大きいです。

このため、筆者ならば以下のトレード方針を立てます。

・ TRY/JPY=44円~45円あたりで、買いを狙う
・ TRY/JPY=47円弱で決済
・ 週足の円高トレンドが日足でも確認できたら、迷わず損切りする

最近数か月はこの方法が有効でした。今後どうなるかは分かりませんが、このようなトレード案もあるな、という感じでご覧ください。


では、TRY/JPYを取引するのに適したFX口座をご紹介しましょう。TRY/JPYはスワップポイントに注目が集まりがちですが、スプレッドもしっかり確認しましょう。というのは、マイナーな通貨ペアですから、一般的にスプレッドが大きくなりがちだからです。

スワップポイントが業界最高水準であり、「かつ」スプレッドも業界最小水準。そのような贅沢な数字を提供するのは「くりっく365」です。

くりっく365はFX業者15社で取引可能な公設的な取引市場ですが、FX業者によって取引手数料が異なります。そこで、無料で取引できる口座であるGMOクリック証券が良いでしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事