TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年7月27日、AUD/JPY・TRY/JPY)

今週の為替レート予想(2015年7月27日、AUD/JPY・TRY/JPY)

2015/07/27


毎週月曜日に相場予想をお届けしています。今週は、今月予想した豪ドル/円(AUD/JPY)とトルコリラ/円(TRY/JPY)がどのように推移しているのかを確認しましょう。


 

AUD/JPYの推移と今後


7月13日に掲載した「今週の予想」で、以下の趣旨をお届けしました。
・ AUD/JPY=90円~91円の辺りが重要
・ これを下回ると、大きく円高になる可能性がある
・ 円高の最大目途は75円くらいか?

その後の為替レートの値動きはどうだったでしょうか。下のチャートをご覧ください(下のキャプチャは、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「FX Trading Station 2」から引用。以下同じ。)。



7月8日~9日にかけて大きく円高&反発となり、その後はAUD/JPY=91円~92円あたりで方向感の乏しい値動きとなっていました。これは、米ドル/円(USD/JPY)と豪ドル/米ドル(AUD/USD)の値動きが乏しかったことを反映しているでしょう。

しかし、先週後半から円高の動きが明らかになり、金曜日に一気に円高になりました。これはAUD/USDが米ドル高になったことを反映しています。

このままAUD/JPYが円高になるかどうか、です。先週末の終値は90円台前半です。これは、7月13日にお届けした予想で重要水準だと考えていたところに相当します。そして、7月8日の終値(89円台半ば)をまだ下回っていません。

今週以降、AUD/JPYが89円台半ばに到達して7月8日終値をしっかりと下回ってくると、円高の動きが強くなる可能性があると考えます。その場合の円高目途は、86円台でしょうか。下のチャートをご覧ください。目標値がチャートの下方向に突き抜けてしまいました。



この目標値の算出方法につきましては、このコラムで度々紹介しているものです。過去記事「AUD/USD(豪ドル/米ドル)分析」をご覧ください。とても簡単に分析できますので、重宝します。

そして、86円台をさらに下回る場合の最大目途は、7月13日の記事でお届けしたAUD/JPY=75円台くらいといったところでしょう。ただし、一気にここまで円高になるとは考えていません。紆余曲折を経ながら実現する可能性がある、といったくらいの意味合いです。


さて、AUD/JPYで業界最小水準のスプレッドを提示するFX口座と言えば、DMMFXです。0.7銭を提示します。今回の予想では大きな値動きを考えていますが、コストであるスプレッドにもしっかり気を配りましょう。
   

TRY/JPYの推移と今後


7月20日にお届けした「今週の予想」で、TRY/JPYを以下のように考えました。

トレード案:
・ TRY/JPY=44円~45円あたりで買い
・ TRY/JPY=47円あたりで決済
・ 円高に進むようならば、迷わず損切りする

さて、その後の為替レートの動きはどのようだったでしょうか。以下のチャートをご覧ください。



ボックス相場がしっかり機能していることが分かります。円高になっています。ということは、TRY/JPY=47円あたりで売っておけば、今頃は含み益を得られたということになります。

売るときのスワップ損がとても大きいですし、スプレッドも比較的大きな通貨ペアです。このため、売りづらい通貨ペアではあります。しかし、その困難を乗り越えて売ることができた皆様、おめでとうございます!

さて、買いのトレードに話を戻しましょう。

先週末のTRY/JPYは45円くらいになりました。ここで買うか?です。買っても良いかと思いますが、もう一段の円高になる可能性もあります。これが難しいところです。

皆様がご利用になっているチャート分析方法があるかと思います。そこで、その分析方法で買いのサインを示してから買うという方法でも良いかもしれません。無理して買って円高になると、損してしまいます。慎重になり過ぎて買えなかった場合、利益はありませんが損もありません。このため、無理は禁物でしょう。


最後に、TRY/JPYのトレードにおいては、スプレッドがどうしても大きくなりがちです。その中でも、スプレッドが狭く、かつスワップポイントが大きい取引市場として「くりっく365」があります。くりっく365で無料取引ができるGMOクリック証券が、TRY/JPYを取引するときの候補になるでしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事