TOP > 人気記事 > 手数料が安い外貨入手方法|FXレア情報3

手数料が安い外貨入手方法|FXレア情報3

2014/07/17


旅行、留学、出張、転勤。

海外に行く機会のある人は、毎年大勢いらっしゃることと思います。

ここで問題になるのがお金。
一般的には、海外で円を使うことができません。どこかで外貨に両替します。

さて、ここで問題です。
どうやって外貨を手に入れていますか?


両替ショップ?・・・両替手数料という名のスプレッドがとんでもなく高いでしょう?
クレジットカード?・・・これも、スプレッドが大きいですし、両替レートに満足していますか?
日本の銀行から外国に海外送金?・・・送金手数料の大きさにウンザリしていませんか?

このような悩みを抱えている方にとって、今回の情報は朗報かもしれません。
今回は、手数料が激減するお得な方法を3つ紹介します。

1つ目は、海外ならどこでもOKな方法です。
2つ目と3つ目は、アメリカ合衆国に行く場合に有効な方法です。
 

<その1> マネーパートナーズを使う方法                          

最初に、海外ならどこに行く場合でも使える方法を紹介します。

たったの2ステップで完了です。
(1) マネーパートナーズの両替で外貨を手に入れます。
(2) 空港で現金を受け取ります。

両替ショップ、銀行等での両替に比べて、圧倒的に両替手数料が安くなります。
どれほど圧倒的か・・・手数料が最大で98%安くなります(ポンドの場合)。

98%も安くなるんだったら、手数料負担は2%しかありません。

両替対応通貨は、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォンです。

さらに、マネーパートナーズの場合、主要4空港(成田、羽田、中部国際、関空)で現金を受け取ることができます。
空港での受取手数料が別途500円かかりますが、それを考えても圧倒的に安いです。


<その2> キャッシュカードを使う方法                          

この方法が有効な場面:
・ アメリカ合衆国への旅行、留学、出張、転勤などで、米ドル現金を使いたいとき全般。

たったの3ステップで完了します。
(1) FXの両替で米ドルを手に入れます。
(2) シティバンクに送金します。
(3) アメリカで、シティバンクの「外貨キャッシュカード」を使って出金します。

順に説明します。

(1)(2) FXで米ドルを得て、それをシティバンクの「米ドル普通預金口座」に送金します。
   これができるFX会社の例は以下の通りです。



両替(りょうがえ): 一般的に使われる意味の両替と同じです。
現受(げんうけ): FXのポジションにつき、差金決済するのでなく、外貨を受け取ることで清算する方法

どの会社を使っても、銀行や両替ショップで両替するよりも手数料が圧倒的に安いです。
手数料などの詳細な条件は、各社のウェブサイトでご確認ください。


(3) あとは、アメリカで出金して使うだけ。
アメリカ国内で、「シティバンク外貨キャッシュカード」を使って出金します。
出金手数料は2ドルです。
(CD機やATMのオーナーが別途手数料を設定することもあるようです)

両替ショップや銀行で両替するよりも、圧倒的に手数料が安いです。
さらに、アメリカで出金すればよいので、日本から現金を抱えて出国する必要もありません。
安全度の面でも有利な方法です。


<その3> クレジットカードを使う方法                              

この方法が有効な場面:
・ アメリカ合衆国への旅行、留学、出張、転勤などで、米ドルを使いたいけれども現金を持ちたくないとき。

これは、たったの2ステップです。
(1) FXの両替で米ドルを手に入れます。
(2) シティバンクに送金します。


米ドルの入手方法は、<その2>と同じです。
それをシティバンクのマルチマネー口座の外貨普通預金に送金します。

あとは、シティバンクのクレジットカードを使ってアメリカ国内で普通にお買いものすればOKです。
必要な費用は、クレジットカードの年会費40ドルです。

この方法は、そもそも現金を持つことがありません。<その2>の方法よりもさらに安全です。
ある程度まとまったお金を使いたい場合に、特に有効でしょう。


その1~その3で注意すべき点は、20歳以上の人でないと使えないということです。
20歳以上でないとFXの口座は作れませんし、FX口座と出金先口座の名義が一致していないと、出金できません。

また、その2~その3は、アメリカ合衆国でのみ適用できることに注意が必要です。その3でアメリカ以外でクレジットカードを使う場合は、別途手数料がかかります。
それに対して、その1の方法はアメリカ合衆国以外でも使えますので、利便性が高いと言えるでしょう。
 

この記事を読んだAさんは、ぼんやりと頭で計算してみました。

「来月、アメリカに旅行に行くんだよなあ。」
「10万円を両替ショップで両替したら、手数料はだいたい3,000円だな。」
「シティバンクの方法も魅力的だけど、次回にしよう。10万円だったら現金で持っていけばいいし。」
「となると、マネーパートナーズの外貨受取サービスかな。わざわざ銀行に行かなくても空港窓口で受け取れるし。」
 
と、このような具合です。
海外に行く際には両替手数料を減らして、浮いたお金で少しぜいたくな食事でもしましょう。


<FXレア情報シリーズ>
1 本当に24時間取引できる会社はどこ?
2 海外から日本のFX会社で取引する!
3 手数料が安い外貨入手方法
4 電話取引可能なFX会社
5 月曜日早朝に取引できる会社はどこ?
6 外貨を証拠金にできる会社
7 有利に両建てできる会社は?
8 スプレッドが広がらない会社
9 ロスカットされる基準は?


  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事