TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年8月3日、AUD/JPY、NZD/JPY)

今週の為替レート予想(2015年8月3日、AUD/JPY、NZD/JPY)

2015/08/03


毎週月曜日に相場予想をお届けしています。今週は豪ドル/円(AUD/JPY)とニュージーランドドル/円(NZD/JPY)をお届けします。どちらの通貨ペアも、現在重要な水準にあると考えられます。現状を確認し、今週以降の動きを占いましょう。


 

AUD/JPY 


最初に、AUD/JPYの日足チャートをご覧ください(楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「FX Trading Station 2」より引用。以下同じ。)。



このコーナーで、90円~91円にある重要水準について度々申し上げています。そして、7月8日(水)~9日(木)にかけて記録した89円台半ばをしっかりと下回ってくるようだと、さらに円高になる可能性があるとご紹介していました。

先週のAUD/JPYを振り返りますと、月曜日に、その水準をしっかり下回るか?というレベルまで円高になりました。しかしその後、急反発。値動きが荒い状況ではありますが、先週末終値は90円台半ばです。

ここでは主に、為替レートが下値支持線を超えるかどうかに注目しています。しかし、高値すなわち上値抵抗線についても確認しておきましょう。



上のチャートに補助線を2本引きました。上側の補助線で確認できる通り、高値が次第に切り下がっている様子が分かります。一方、下側の補助線は89円台の重要水準です。2本の補助線で出来上がる形は、ペナント(三角保ち合い)に見えます。

これがペナントだとすると、今後の為替レートの値動きは以下の通り読むことが可能です。すなわち、「為替レートは、ペナントから離れた方向に進む」です。

AUD/JPY=90円~91円あたりの水準はかなり強固な壁に見えます。というのは、日足だけでなく、週足と月足で確認しても、このあたりの水準に相場の壁を確認できるからです。このため、ペナントを契機にして再び上昇過程に入る可能性もあります。しかし、オーストラリアドルは弱含みの状況にあります。この弱含みが今後もしばらく継続するならば、円高方向に抜ける可能性もあります。

どちらの可能性が高いかと言えば、円高になる可能性のほうが高いと考えます。というのは、AUD/JPYを分解して得られる米ドル/円(USD/JPY)と豪ドル/米ドル(AUD/USD)を考えますと、以下の通りだからです。

USD/JPY: 円高でも円安でもなく、現状維持くらいか?
AUD/USD: トレンドは豪ドル安、米ドル高

AUD/USDの豪ドル安が響いて、AUD/JPYも円高(豪ドル安)になる可能性のほうが高いかな、と思います。

では、今すぐにAUD/JPYを売るべきか?と言えば、そうだとは思いません。円安方向に反発する可能性もあいますので、AUD/JPY=89円台半ばにあるポイントを超えてから売っても遅くないと予想します。

 

NZD/JPY


次に、NZD/JPYを確認しましょう。日足チャートの様子は以下の通りです。



わずか数か月で10円以上も円高になった後、7月になってからボックス相場を形成しているように見えます。上値抵抗線は83円くらい、下値支持線は2つ見えます。80円半ばあたりと81円台前半です。ということは、最大で250銭くらいの狭い範囲でボックス相場を形成しているということです。

わずか数か月で10円も動いたかと思えば、一転して狭い範囲での値動き。かなりダイナミックな通貨ペアです。

今後の値動きですが、為替レートがボックス相場の上に抜ければ円安トレンド、下に抜ければ円高トレンドと見てよいと思います。しかし、中期的には円高の傾向が続いていますので、円安トレンドができる場合は、値動きは小さめになるのではないかと予想します。

逆に、円高方向に動くときは比較的大きめな動きを想定できます。為替レートがボックス相場をどちらの方向に抜けるかに注目しましょう。


最後に、AUD/JPYとNZD/JPYのスプレッドが狭い会社をご紹介しましょう。2通貨ペアで同時に業界最狭水準というのは難しいですが、2口座が該当しました。AUD/JPYは0.7銭、NZD/JPYは1.5銭です。スプレッドが狭いと、ユーザーにとってはうれしいですが、両社は大変かもしれませんね。
   
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事