TOP > 人気記事 > 損失が大きくなりすぎるのを防ぐ仕組み:トライオート

損失が大きくなりすぎるのを防ぐ仕組み:トライオート

2015/08/27


AP注文(オートパイロット注文)は、ひとたび取引を開始すれば延々と自動で取引してくれます。パソコンの電源を切っても構いません。日中外にいようと、夜寝ていようと、システムは休まずにトレードしてくれます。


これにはメリットとデメリットがあります。

メリット:
トレードチャンスを逃さない。24時間、いつでもトレード機会にトレードできる。パソコンの前で集中しすぎて疲れることも、画面とにらめっこして時間を使いすぎることもありません。

デメリット:
設定したAP注文では損切りを連発してしまうような相場状況であっても、構わずにトレードしてしまう。


コンピュータには人間のような融通は利かないので、どんなに損失を膨らませてしまう場面でも淡々とトレードしてしまいます。

そこで、ユーザーの側から指示してあげます。「×××になったら取引を終了しなさい!」と。すると、コンピュータは指示されたとおりに動きます。

 

トライオートの損失拡大防止機能「セーフティー設定」


上でご紹介した機能を、トライオートでは「セーフティー設定」と言います。下のキャプチャをご覧ください(トライオートのホームページから引用)。



4つのパターンで損失拡大防止を図ります。
 

1. 最大損失許容額


「××円の負けまでは我慢できるけれど、それより多い金額は負けたくない」という限界の額を、ここで指定します。すると、入力した額を超えた時点でAP注文の稼働が止まります。

入力額を超える負けを計上した時にAP注文が停止しますから、これ以上1円たりとも負けたくないという限界の数字を入力しないようにしましょう。この場合は、限界よりも少し小さい額を入力します。
 

2. 最大ドローダウン


「過去の最大の利益額」から、一定の額だけ損失を計上するときに取引を終了します。この設定も損失拡大を防止する機能ですが、結果的に勝ち逃げすることもできます。

たとえば、最大ドローダウンを1万円に設定したとします。その後、利食い額がぐんぐん増えて3万円になりました。その後、調子が悪くなって利食い額が2万円になりました。

この場合、過去の最大の利益額から利益が1万円減りましたので、AP注文は停止します。しかし、手元には2万円が残っています。勝ち逃げです。
 

3. 上限価格(下限価格)


AP注文は、相場の動きにつれてどこまでも追いかけて行きます。しかし、相場は永遠に上昇を続けることはありません。同様に、永遠に下落を続けることはありません。そこで、どこかのレートで取引の終了を指定してあげたいと思うかもしれません。

このような場合に使える便利機能です。
 

4. 最大連敗数


上の1で紹介した方法は、負けた額で取引停止を判定しました。この「最大連敗数」は負け取引の回数で取引停止を判定します。1回と入力すれば、1回負けただけでAP注文の稼働が停止します。

1回負けただけで取引終了という例を考えましょう。何らかの理由で、為替レートが100円のラインにとても強力な下値支持線があったとします。すなわち、100円よりも為替レートは円高にならないと読んだとします。そこで、AP注文を稼働させて100円よりも上のところでどんどん利食いさせると同時に、損切りを99円台にしたとします。

為替レートは100円よりも円高にならない・・・はず。しかし、予想に過ぎません。実際の為替レートの動きは100円を下回って推移したとしましょう。

もしも、最大連敗数を1にしていなかったら、損切りが成立するとともに再びトレードを開始してしまい、損失はうなぎのぼりになってしまうかもしれません。「さーて、成績はどうかな?」とワクワクしながら口座を確認してみたら、顔面蒼白。このような悲しい事態を回避するのに有効でしょう。
 

トレードをする理由は、自分の資産を増やすためです。すると、損失リスクについて過小評価してしまうかもしれません。しかし、利益と損失は常に隣り合わせです。4つの機能を利用して、損失拡大を防止しましょう。

また、システムに任せきりにしないで、定期的に口座状況を確認しながらトレードしましょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事