TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年9月14日、トルコリラ/円)

今週の為替レート予想(2015年9月14日、トルコリラ/円)

2015/09/14


毎週月曜日に相場分析をお届けしています。今週はトルコリラ/円(TRY/JPY)をお届けします。また、豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャートを使って、筆者が使用しているチャート分析方法の不正解例もあわせて紹介します。


 

トルコリラ/円(TRY/JPY)の値動き 


先日2015年8月24日の記事で、TRY/JPYの目標値を37円を割るくらいと見込みました。週足を使った予測のため、そのレートに達するとしても時間がかかると予想できます。その予想から3週間が経過しましたので、現状を確認しましょう。

下のチャートをご覧ください。楽天証券(旧FXCMジャパン証券)「Trading Station 2」の日足チャートのキャプチャです(以下同じ)。



週足の予測通りに円高方向に動いていることが分かります。現在は40円を割る水準にあり、円高記録を更新しています。40円の壁はかなり強かったのですが、あっさり抜けた感があります。

では、日足を使って目標値を予測しましょう。筆者がこのコーナーでしばしば使う方法です。



この分析方法によると、目標値は37円くらいとなりました。どちらかと言えば37円よりも少し円高でしょうか。週足の予測では37円よりも円高でした。日足と週足の目標値は厳密には異なるのですが、概ね似たような数字となりました。

筆者の経験としては、複数の分析で目標値が同じような値になるとき、その値まで為替レートが進む確率が比較的高いように思います。TRY/JPYはこれから37円まで進むと断定することはできませんが、そこまで円高が進むかもしれないと警戒する必要があるでしょう。

では、仮にこれから売りでトレードするとして、実際に37円に到達する場合、そこから反発を狙って買っても良いか?ですが、それについては不明です。

この分析方法は目標値を見極めるために使います。その後の値動きについては示唆がありません。さらに円高に進むかもしれませんし、反発して円安になるかもしれません。

最近の為替レートは値動きが大きいので、トレードする場合はいつも以上に慎重に取り組みましょう。

 

筆者のチャート分析方法の不正解例 


このコーナーでしばしばお届けしているチャート分析方法は、筆者自身が好んで使う方法です。しかし、正解率100%の方法はおそらくありません。そこで、不正解となってしまった例を紹介するとともに、どのようにトレードに生かすべきかを考察します。

下のチャートをご覧ください。豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャートです。



日足で一気の円高になっている様子が分かります。わずか数日で10円くらいも円高になってしまいました。終値で考えるとそこまで大きな円高ではないですが、通常ではなかなか見られない大きさです。

そして、円高後に少し反発したあと、再び円高になりました。よって、このコーナーでしばしばお届けしている分析方法を利用できました。その分析の様子を追加したチャートをご覧ください。



この分析方法が正解だったといえるためには、AUD/JPYが80円よりも円高の水準になる必要があったでしょう。しかし、先週末の時点では85円半ばに位置しており、分析が正解だったとは言えません。

とはいえ、現時点で間違いだったと断定するのは早いでしょう。これから円高になって80円を割り込めば、分析は正しかったとなります。

そこで、今回は不正解だったと仮定します。

100%の正答率を誇る分析方法はないのですから、今回のような例は数多く出てきます。正答率は100%です!と紹介しているFXサイトが仮にあれば、それは怪しいです。
 

ゲームだったら、間違えたり失敗したりしても初めからやり直せばOKです。どんなに失敗しても、自分のお金は減りません。しかし、自分のお金を賭けてトレードする場合、「チャート分析が間違えていたね。仕方ない。」で済ませたくありません。

しかしながら、このような例を完全に避けることもできません。

となれば、自分の資産を守りながらトレードするには、「1回のトレード数量を小さくする」です。これが重要です。とても月並みな内容ですが、重要でしょう。

証拠金の規模によっては、1回のトレード数量を小さくすることが難しくなります。10,000通貨で取引すると、100銭の損益で10,000円が動きます。証拠金の額に比べて大きくなりすぎる可能性があります。そこで、1,000通貨で取引できる口座を選択肢に入れましょう。

この記事で使用しました楽天証券(旧FXCMジャパン証券)は1,000通貨から取引可能です。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事