TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年9月21日、カナダドル/円(CAD/JPY))

今週の為替レート予想(2015年9月21日、カナダドル/円(CAD/JPY))

2015/09/21


毎週月曜日に為替レート予想をお届けしています。今週はカナダドル/円(CAD/JPY)にしましょう。カナダも日本も主要国ですが、日本のFXではCAD/JPYは主要通貨ペアとは言い難いような取引量です。しかし、他の通貨ペアのようにしっかりチャート分析可能です。


 

CAD/JPYの日足チャート分析


最初に、CAD/JPYの日足チャートをご覧ください。 楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のチャートから引用しました。



円高の期間が続いていることが分かります。 8月に急落(大幅な円高)になることがありましたが、そこを除くと、比較的なだらかな円高推移に見えます。

しかし、実際にはなだらかでなく、大きく円高になりました。

チャートを見ると、今年6月の高値は100円を超えています。100円を超える水準で1か月近く推移したことが分かります。そして、8月半ばの急落。87円台まで円高になったことが分かります。わずか2か月で13円くらいの円高です。

CAD/JPYを買って長期で持っている方は冷や汗ものだったかもしれません。

さて、上のチャートを使って、今後の値動きを占ってみましょう。上のチャートに補助線を追加したものをご覧ください。



白い短い線が2本、黄色で長い線が2本あります。順に確認しましょう。


(1) 三角保ち合い(さんかくもちあい)

白い線が2本あります。この2本の間で為替レートが上下動していますが、2本の白線は徐々に距離を狭くしています。これが三角形に見えるので三角保ち合いと表現するようです。

さて、三角保ち合い後ですが、為替レートが離れる方向にトレンドができやすいと言われます。上のチャートを見ると、為替レートは三角形の頂点まで来ています。次に向かうのは円安か?、それとも円高か?という場面にあるといえるでしょう。

(2) 上値抵抗線

次に黄色の線を見ます。右肩下がりのラインです。為替レートはこの線を超えることができずにいます。トレンドができている状態です。いったんトレンドができるとしばらく続く傾向があります。このため、このトレンド線あたりに為替レートがやってくると、反発しやすいと予想できます。


上の(1)と(2)を合わせて考えましょう。

三角保ち合いを考えると、そろそろ円安または円高に動く可能性があります。しかし、上には上値抵抗線があります。ということは、円高に動く可能性のほうが高いかもしれないと予想できます。

週足でも確認してみましょう。

 

CAD/JPYの週足チャート分析


次に、週足で分析しましょう。下のチャートをご覧ください。



2013年5月くらいからずっと、92円~93円あたりまで円高になるといつも反発して円安になっている様子が分かります。補助線を引いてみましょう。



おおよそ上のチャートのように補助線を引けるでしょう。2013年5月以降、この線が2年以上にわたって下値支持線の役割を果たしました。そして現在、その下値支持線を下回って推移しています。

為替レートが下値支持線を下回ると、今度はその下値支持線が上値抵抗線として機能することが知られています。ということは、CAD/JPYが円安方向に進むには壁があるという理解になります。

以上の週足及び日足の分析を総合しますと、CAD/JPYは円高リスクが比較的高い状態と読むことができます。チャート分析は外れるものだという前提がありますので全力で円高方向にトレードできませんが、実際に円高に進むかどうか注視したいと思います。
 

さて、当コーナーでほとんど扱ってこなかったCAD/JPYですが、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)ではどれくらいのスプレッドを提示するでしょうか。この記事を投稿する直前(午前9時台)に確認しましたところ、0.5銭~0.6銭でした。

休日の午前9時台という、狭いスプレッドを出しづらい状態ではありますが、この数字です。最狭スプレッドと言っても過言ではないのでは?と評価できるでしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事