TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年9月28日、ユーロ/円(EUR/JPY))

今週の為替レート予想(2015年9月28日、ユーロ/円(EUR/JPY))

2015/09/28


為替レート予想を毎週お届けしています。今回はユーロ/円(EUR/JPY)について考察しましょう。


小康状態を保っていますが、今のところ、ユーロは今年の為替市場の波乱の主役だったといえるでしょう。ギリシャの財政危機と、ギリシャに資金を貸している諸国及び国際機関のせめぎあいは、私たちにも大きな影響を与えました。

ギリシャでは国民投票が実施されたり、何回も国政選挙が実施されたりしました。

7月5日のギリシャの国民投票の結果発表は日本時間深夜でしたが、その時間に起きて結果をチェックしたという方も多かっただろうと思います。

 

EUR/JPYの日足チャートで値動きを確認


そのようなユーロですが、現在の為替レートの状況はどうなっているでしょうか。下のチャートをご覧ください。楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のチャートを引用しました。



2015年4月半ば以降のチャートですが、概ねボックス相場を維持しているように見えます。5月以降は高値と安値の差が10円程度に見えます。ギリシャを中心とした混乱の割には、意外に値動きが小さかったと評価できるかもしれません。

さて、この値動きを見ますと、133円くらいに下値支持線を確認できます。白で補助線を追加したチャートをご覧ください。



下値支持線のところで見事に為替レートが反発しています。しかし、よく見ると、黄色の矢印の部分では一時的に下値支持線を超えて円高になったように見えます。 筆者はここで売りませんでしたが、「矢印の時点で売りか?買いか?それとも様子見か?」と聞かれれば、「売りだろう」と答えたと思います。

なぜなら、下値支持線を超えて円高になったからです。

しかし、実際には再び下値支持線よりも円安水準の位置に戻りました。いわゆるダマシと言われるものです。水平な下値支持線や上値抵抗線を破って為替レートが動くとき、このようなダマシが発生してしまう頻度は意外に多いような印象があります。

しかし、いつもダマシがあるわけではなく、下値支持線を超えた方向に一気に大きく動くこともあります。

これが相場の難しいところであり、また、楽しい部分でもあります。いつも100%の精度で相場予測ができるならば、相場はつまらないものになるでしょう。

実際のトレードでは、ダマシが存在することを常に勘案し、取引数量を十分に小さくしつつ損切り注文を発注することで、ダメージを減らすことが重要でしょう。


 

EUR/JPYの今後の値動きはどうなる?


さて、今後の値動きを占ってみましょう。下のチャートをご覧ください。違う視点から補助線を追加したものです。



三角保ち合い(ペナント)を形成している途中のように見えます。そこで、三角保ち合いの上下動を狙ってトレードするという案もありますし、三角保ち合いから離れた方向にトレードするという方法もあるでしょう。

週足でEUR/JPYを確認することにより、三角保ち合い後に円安・円高どちらに振れやすいかを考えてみましょう。



昨年末までは円安傾向、2015年に入ってからは円安とも円高とも言えないトレンドレスの状況に見えます。よって、日足で確認した三角保ち合い後に円安になるか円高になるかについて、特に予断なくチャートを眺めるという姿勢で良いかと思います。

そして、チャートの動きに従ってトレードします。
 

さて、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のチャートで相場を確認しましたので、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のスプレッドを確認しましょう。

この記事を投稿した直前(2015年9月28日午前11時30分ごろ)のスプレッドは0.5銭~0.7銭でした。十分に狭いスプレッドです。楽天証券(旧FXCMジャパン証券)は固定スプレッド制を採用していません。インターバンク市場のレートをそのまま配信しますので、これよりも狭い数字や広い数字が出ることもあります。

インターバンク市場のレートはこんな感じで推移しているんだな、と確認してみてください。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事