TOP > 人気記事 > インジケーター詳細解説:単純移動平均線(実践編)

インジケーター詳細解説:単純移動平均線(実践編)

2015/10/08


前回、「インジケーター詳細解説:単純移動平均線(基礎編)」にて単純移動平均線の使い方を概観しました。これがいつも正確に相場の先行きを示唆してくれれば最高なのですが、いつもそうだとは限りません。


今回は、単純移動平均線のトレードが成功する場合とそうでない場合、そして、失敗を減らすための工夫を考えます。

 

単純移動平均線を使ったトレードの成功例


一口に単純移動平均線といっても、その種類は様々です。平均を計算する期間を自由に変更できるからです。ここでは、9日移動平均線と21日移動平均線を採用しましょう。

9日と21日には大きな意味はありません。各種ウェブサイトを見ると、この辺りの数字が多いかなという印象だから使っています。最高に素晴らしい数字は別にあるのかもしれません。この辺りは、皆様自身の検証作業で探していただきますようお願いします。

さて、単純移動平均を使ったトレード例として、ゴールデンクロスとデッドクロスを使用します。ゴールデンクロスとは、短い日数の移動平均線が、長い日数の移動平均線を下から上に抜けたときに買う方法です。デッドクロスはその逆です。

では、下のチャートをご覧ください。米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートです。楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のチャートから引用しました。



チャート中ほどにある黄色矢印の部分でゴールデンクロスが出ています。すなわち、黄色の線(9日移動平均線)が、赤色の線(21日移動平均線)を下から上に抜けています。ここで買ったとします。時が流れ、チャート右辺りでデッドクロスが出ていますので、ここで決済したと仮定しましょう。

買値: 102.70円くらい
決済: 107.70円くらい
利益: 500銭(5円)くらい

わずか1トレード、ポジションを持っていた期間は2か月くらい。このトレードで500銭もの利食いを実現しました。これは大成功のトレードといえるでしょう。


次に、月足でも単純移動平均を使ったトレードが使えることを確認しましょう。下のチャートをご覧ください。USD/JPYの月足チャートです。



チャート中ほどに黄色矢印があります。ここで買います。その後時間が経過して・・・まだデッドクロスは出ていません。ポジションを持ち続けているということになりますが、十分に含み益があるので決済したとしましょう。

買値: 85円くらい
決済: 120円くらい
利益: 3,500銭(35円)くらい

とんでもない大きさの利食いが実現しているということになります。しかも、わずか1トレードです。1万通貨でトレードしていたら35万円、10万通貨だったら350万円ということになります。

いつもこのように成功すれば良いのですが、残念ながらそうでない時もあります。次に、失敗例を確認しましょう。

 

単純移動平均線を使ったトレードの失敗例


USD/JPYの日足チャートをご覧ください。



黄色矢印がデッドクロスです。2回出ています。青矢印がゴールデンクロスです。1回出ています。しかし、ゴールデンクロスで買っても、デッドクロスで売っても、どちらも良い成績を得られたとは言い難いです。むしろ、損失を計上していたかもしれません。

そこで、このような事態にならないように工夫が必要です。

 

単純移動平均線の失敗を減らす工夫


失敗例のチャートの値動きを見ますと、ボックス相場になっています。一方、成功例を見ますと、トレンド相場です。すなわち、今回のトレード方法をトレンド相場で使えば良いのだろうと予想できます。

しかし、トレンド相場とボックス相場を明確に区別することもまた、かなり難しいです。そこで、移動平均線を使って何とかならないか考えます。

失敗例を減らす案:

1 ゴールデンクロスで買うとき:
(1) 2つの移動平均線がともに右肩上がりになっている
(2) 短い日数の移動平均線が、長い日数の移動平均線を下から上に抜ける

2 デッドクロスで売るとき:
(1) 2つの移動平均線がともに右肩下がりになっている
(2) 短い日数の移動平均線が、長い日数の移動平均線を上から下に抜ける

買うときは、2本の移動平均線がともに上昇過程にあるときに限定します。売るときは、その逆です。この方法でいつもうまくいくという保証はありませんが、ボックス相場で売買を繰り返して損を積み上げるリスクを減らせるのではないか?と期待できます。


今回ご紹介した移動平均線は、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のチャートでご紹介しました。楽天証券(旧FXCMジャパン証券)では、数多くの種類の移動平均線を使用することができます。一般的にはあまり知られてないだろうと思われる移動平均線も採用していますので、いろいろ試すと面白いでしょう。
 
→ インジケーター詳細解説:単純移動平均線(基礎編)
→ インジケーター詳細解説:平滑移動平均で単純移動平均のデメリットを克服
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事