TOP > 人気記事 > アノマリーを検証!:日足のヒストリカルデータ入手方法

アノマリーを検証!:日足のヒストリカルデータ入手方法

2015/10/22


今回から、世の中で噂されている為替レートの動きが本当なのかどうかを検証するシリーズを展開します。世の中の噂とは、例えばこんな感じです。


・ 1月は年間の高値安値を付けやすい
・ 1月の傾向が年間を通して継続する
・ 2月は節分の頃に天井の値を付けやすい

理由は良く分からないけれどもそうなるらしい、という噂をアノマリーといいます。そして、この種のアノマリーは本当かただの噂かを確かめることが容易です。なぜなら、今はインターネットが発達しているので、為替レートの過去データ(ヒストリカルデータ)を取得できるからです。

あとは、エクセルなどの表計算ソフトやMT4などでアノマリーの真偽を確かめればOKということです。 

そこで今回は、各種アノマリーを確かめる前に、日足のヒストリカルデータ(毎日の始値、高値、安値、終値)を取得する方法をご案内します。

ここで取得したデータを駆使して、アノマリーの真偽を確かめましょう。


 

くりっく365からヒストリカルデータを入手


くりっく365では、各通貨ペアについて、取引サービス開始日から現在に至るまでの日足のヒストリカルデータを取得することができます。例えば、米ドル/円(USD/JPY)の場合は2005年7月以降のヒストリカルデータ(始値、高値、安値、終値)を入手できます。

ヒストリカルデータの取得方法は以下の通りです。下のキャプチャ画面は、くりっく365ホームページから取得したものです。


1. くりっく365ホームページのトップ画面右上にある「各種データ」をクリックします(赤の四角で囲った部分です)。




2. 画面をスクロールして下に進み、「ヒストリカルデータ」の欄にある「詳しくはこちら」をクリックします。




3. 再び画面をスクロールして下に進み、希望の通貨ペアの欄をクリックします。USD/JPYをダウンロードする場合には、下の赤枠部分をクリックします。以上でヒストリカルデータを取得できます。



くりっく365は数多くの業者で取引可能ですが、手数料体系は業者ごとに異なります。取引手数料が無料の業者として、GMOクリック証券を紹介します。
   


マネーパートナーズからヒストリカルデータを入手


マネーパートナーズからもヒストリカルデータを取得できます。下のキャプチャを使ってご案内しましょう。キャプチャはマネーパートナーズのHyperSpeed NEXTから引用したものです。

1. HyperSpeed NEXTの左上にある「チャート」をクリックします。




2. 下のキャプチャの数字の順に設定します。

1 ・・・ データが欲しい通貨ペアを選択します。

2 ・・・ 「日」を選択します。 なお、今回は日足のヒストリカルデータが欲しいため「日」を選択しますが、1時間足でも週足でも、お好みのデータを取得できます。

3 ・・・ とりあえず「9999」と入力してエンターキーを下押ししてください。すると、取得可能な最大数が自動で表示されます。今回の場合は5,000が表示されましたので、5,000本のデータを取得可能です。




3. チャート画面上で右クリックし、「データ出力」を選択すればOK。ヒストリカルデータを取得できます。


   


ヒストリカルデータの使用に際しての注意点


ヒストリカルデータを使った検証に際して、いくつかの注意事項があります。そのうちのいくつかをご紹介しましょう。

注意点1: FX口座ごとにデータが異なる

これは株式相場と大きく異なる点でしょう。FXは、業者ごとに為替レートの数字が異なります。とはいえ、その差はわずかですので、日足で検証するならばあまり注意は必要ないかもしれません。

しかし、日足の場合でも、月曜日の始値と金曜日の終値は業者ごとに大きく異なる可能性があります。というのは、月曜日の取引開始時刻と土曜日朝の取引終了時刻につき、業者ごとに差があるためです。この点に気を付けましょう。


注意点2: ヒストリカルデータを取得した口座でトレードをしたほうが良いかもしれません。

上の注意点1に関連しますが、FX口座ごとに配信レートが異なります。ということは、A口座で得たデータを使って分析した結果を、B口座で反映させてトレードした場合、意図通りの結果が出ない可能性があります。

A口座でトレードしたからと言って意図通りの結果が出るとは限らないのですが、口座ごとに配信レートに何か小さなクセがあるかもしれません。
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事