TOP > 人気記事 > FXトレードフィナンシャルのMT4は、とにかく使いやすい!

FXトレードフィナンシャルのMT4は、とにかく使いやすい!

2015/12/17



MT4サービスを提供する各社を紹介しています。今回はFXトレードフィナンシャルです。FXトレードフィナンシャルのMT4の特長はなんといっても、その使いやすさです。MT4という名前を聞いただけで敷居が高くて敬遠してしまうという方であっても、FXトレードフィナンシャルならば使いこなせるかもしれません。

そこで、FXトレードフィナンシャルのMT4で便利な機能をピックアップして紹介しましょう。
 


 

初期設定で日本時間の表示が可能


どの会社のMT4でも、日本時間の表示が可能です。ただし、自分でインジケーターを作るか、どこかからインジケーターを持ってきてインストールする必要があります。この作業が必要だという時点であきらめるという方もいらっしゃると思います。正直なところ、面倒すぎます。
 

面倒だという理由で何もしないで使い続けると、海外のどこかの国を基準にした時間表示となります。EAを作るときも検証するときも、あらゆる場面でその時間差を考慮する必要が出てくるかもしれません。
 

それ自体は小さなことかもしれませんが、いつも時間差を考慮しながら考えなければならないとしたら、途中でMT4を使うのが嫌になってしまうかもしれません。
 

しかし、FXトレードフィナンシャルのMT4の場合、初期設定で日本時間の表示が可能です。というのは、あらかじめインジケーターがインストールされているからです。
 

日本人向けにこのようなきめ細かいサービスができるのは、FXトレードフィナンシャルが日本生まれの会社だということと無関係ではないでしょう。日本のユーザーが何を欲しがっているのか、これからMT4を始めたいという人がぶつかるであろう壁は何なのか?といったことを調べ、一つ一つ対応しているのだろうと予想できます。

 

 

裁量取引もラクラク実行可能


MT4はEAを使ったシステムトレードだけでなく、裁量取引も可能です。だだし、他の裁量トレード専用のFX口座と比べれば、使い勝手は良くないかもしれません。MT4の場合は裁量取引「も」できる、ですが、裁量トレードのFX口座は裁量トレード「が」できる、です。
 

MT4口座の裁量トレードでは使い勝手が少し劣ってしまうかもしれないのは、自然なことです。
 

しかし、FXトレードフィナンシャルのMT4では、この状態を覆すことに成功しています。一般的な裁量トレードのFX口座では難しいことがMT4では実行可能であるという性質を生かして、様々なツールを無料で公開しています。そのツールの一つが「ミニターミナル(Mini Terminal)」です。
 

ミニターミナル(Mini Terminal)の特徴をいくつかご紹介します。
 

(1)利益額と損失額を指定してトレードできる
 

利益を確定したいときはプラス10,000円、損失を確定するときはマイナス5,000円というように、金額で指定できます。通常のFX口座は金額でなくpips(または銭)で損益を指定しますので、トレードごとの損益がまちまちです。このため、資金管理がいくらか難しくなります。
 

pipsでなくて損益額で管理すると、資金管理がしやすくなるでしょう。なお、pips(または銭)でトレードの損益を指定することもできますので、好みに従った選択ができます。
 

(2)OCOブレイクアウト注文、OCOリバース注文が簡単に出せる


OCOブレイク注文:


あるレンジを超えて為替レートが動くときに、買い売りともに逆指値注文でトレードを開始する方法です。相場が大きく動くと予想できるときに使います。


OCOリバース注文:


あるレンジ内で相場が推移すると予想するときに、買い売りともに指値でトレードを開始する方法です。ボックス相場で威力を発揮すると予想できます。短い時間足でボックス相場になるとき、数多くの取引実行が期待できます。


手動でゆっくりと発注することもできますが、ミニターミナルではこれらの注文を簡単に発注できる利点があります。

 

 

 

本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事