TOP > 人気記事 > 外貨を証拠金にできる会社|FXレア情報6

外貨を証拠金にできる会社|FXレア情報6

2014/08/13
お金

いきなり問題です。
日本人は、1年間で何人が海外に行き、何人が海外から帰国しているでしょうか。




答えは以下の通りです。

出国: 17,472,748人
入国: 17,421,997人
(2013年の実績。法務省出入国管理統計統計表を元に作成)

1年間にのべ3,500万人ほどが海外に行ったり、帰国したりしています。日本国民全体の30%弱の人数になります。

1年間に何回も日本と海外を往復する人もいるでしょうから、実際に海外に行く日本人の数はこれよりも少なくなります。しかし、かなり多くの日本人が海外に行く時代になりました。


また、日本人海外旅行者数の推移は、以下の通りです。
観光庁ホームページから引用)
少々見づらいですが、人数が多いほうは日本人海外旅行者数、人数の少ないほうは訪日外国人旅行者数です。

海外旅行者数

基本的に右肩上がりで推移しており、年を追うごとに日本人海外旅行者数が増えていることが分かります。
これら2つのデータから、FXに絡めて言えそうなことを考えてみましょう。

○ 日本国内に外貨を持ち帰る人が増えている。

これが言えそうです。

・ 海外で勤務した人で、現地の通貨で給与をもらっている場合。
・ 海外旅行や海外出張をした人で、両替した現地通貨を持っている場合。 

こういった場合に該当する人が年々増えている、そう考えることができそうです。
(クレジットカードを使うから外貨を持つことはない、という人も大勢いるとは思います。)


さて、外貨を持ち帰った人々は、その外貨をどうするでしょうか。

(1) 円に戻す。
(2) 外貨を現金のまま家に置いておく。
(3) 外貨預金にする。
(4) 外貨MMFを買う。
(5) 外貨建ての債券を買う。
(6) 外貨を証拠金にしてFXをする。

このあたりが選択肢になるでしょうか。
6つの選択肢のうち、最もハードルが高いのは、「(6) 外貨を証拠金にしてFXをする。」だと思います。

(1) 円に戻す・・・ 円に戻す人も多そうですが、外貨運用という枠からは外れます。
(2) 外貨を現金のまま家に置く・・・ 盗難の心配などのコストはあるものの、簡単な方法です。
(3) 外貨預金にする・・・ 銀行で入金するだけですから、簡単な方法です。
(4) 外貨MMFを買う・・・ これも簡単。証券会社に行けばOKです。
(5) 外貨建て債券を買う・・・ どの債券を買うかで悩みますが、選ぶまでの間、とりあえず外貨MMFに入金しておけばOKです。

(6) 外貨を証拠金にしてFXをする・・・ まず、外貨を証拠金として受け入れてくれる会社を探すところから始めなければなりません。FXサービスを提供する会社は多数ありますので、一つ一つ確認するのは大変なことです。


帰国した人の多くがFXを知っているというわけではありません。外貨を受け入れてくれる会社を探すところから始めなければならないとしたら、わざわざFXをしようとは思わないのではないでしょうか。

この点で、FX業界は外貨対応が遅れていると言えそうです。

そんな中でも、外貨を証拠金として受け入れている会社がいくつかあります。今回は、その会社を紹介します。また、有価証券(株式や投資信託)を証拠金として使用できる会社も併せて紹介します。


<円に加えて、外貨を証拠金として受け入れる会社の例(順不同)>                      



外貨の受け入れ方は様々です。外貨専用口座を設ける必要があったり、普通の口座に外貨を入金するだけで良かったり。受け入れる外貨も会社によって異なります。

自分が使いたい外貨を受け入れてくれる会社を選びましょう。

受け入れる外貨の種類が多いのは、マネーパートナーズ、YJFX、セントラル短資FXの3社です。
この3社は「手数料が安い外貨の入手方法」で出てきた3社と同じであり、この分野に力を入れていることが分かります。

なお、実際に外貨を入金したいと考える場合は、各会社のウェブサイトで条件を確認してください。各社ごとに細かく条件が定められています。
例えば、海外の銀行からの入金を受け入れるかどうかという点で、各社の対応は異なります。


<有価証券を証拠金として受け入れる会社の例>                                 

外貨ではありませんが、日本円以外を証拠金として受け入れてくれるという意味で、有価証券も考えましょう。
有価証券とは、具体的には株式や投資信託です。

株式で長期投資をする場合、買って持ち続けます。
年に何回か配当をもらえて嬉しいのですが、基本的には口座内に寝かせておくしかありません。

それではもったいない、と考える人にとって有効な方法です。

有価証券を証拠金として受け入れてくれる会社は、以下の通りです。

・ マネーパートナーズ
・ カブドットコム証券

「おお、そうか!」という感じで、この方法に飛びつくのは止めたほうが良いかもしれません。
FXトレードで損する場合のことを考えなければならないからです。
あるいは、株価が急落して証拠金不足になり、追加で証拠金を入金しなければならない事態も想定できます。

このため、現金と有価証券を併用して証拠金とするほうが、安全度が高いでしょう。


<FXレア情報シリーズ>
1 本当に24時間取引できる会社はどこ?
2 海外から日本のFX会社で取引する!
3 手数料が安い外貨入手方法
4 電話取引可能なFX会社
5 月曜日早朝に取引できる会社はどこ?
6 外貨を証拠金にできる会社
7 有利に両建てできる会社は?
8 スプレッドが広がらない会社
9 ロスカットされる基準は?


  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事