TOP > 人気記事 > 「らくらくFX」でデイトレの失敗を克服!(FXトレードフィナンシャル)

「らくらくFX」でデイトレの失敗を克服!(FXトレードフィナンシャル)

2014/12/01

 

デイトレの負けパターン


デイトレード(デイトレ)。勝てればとても気持ちが良いです。

デイトレは日足の日付が変わる前に清算します。このためスワップポイントを無視できますし、1日足らずで利益を得ることができます。為替レートは上昇するか下落するかの二者択一ですから、楽勝のはず・・・です。

しかし、損失になることもあります。 いや、実際にはなかなか勝てません。原因としてはいくつかあるでしょう。ありうる原因を列挙してみます。


○ 含み益になるとき:
利益を減らしたくないから、利食いレートに達する前に成行きで清算して利益を確定してしまう
・・・これが吉と出ることもあるでしょうが、繰り返していると利益総額は当初予想よりも少なくなるでしょう。


○ 含み損になるとき:
このまま我慢すれば再び含み益に転じるかも?と期待して、逆指値注文を取り消してポジションを維持してしまう
・・・期待通りになることもあるでしょうが、傷口が広がってしまうこともあるでしょう。 デイトレだったはずがいつの間にか長期投資という名の塩漬けになってしまうこともあるかもしれません。


これらは自分の意思で改善することができます。放置しておくと、勝率は良いのに損益合計はマイナスだ・・・ということになりかねません。

 

FXは確率のゲーム


ここで、デイトレで失敗したことがある方、そのときの自分の取引履歴を確認してみてください。履歴は取引した会社の取引システムからダウンロードできます。実は勝率は50%を超えていませんか?60%台ということもあるかもしれません。この場合、「利益が小さく損失が大きく」なっていることが負けの原因です。

また、取引開始時に利食いレートと損切りレートを設定するのですが、「利食い額>損切り額」に設定していませんか?この設定はトレードの基本とされていますが、利食いまでの距離を損切りよりも長くすると、利益確定まで待つことが精神的に大変です。

FXは確率のゲームです。そこで、「毎回のトレードで利食い額と損切り額を同じ」にして勝率を50%以上にすれば、合計で利益が損を上回るという計算が成り立つでしょう。例えば、全てのトレードで、利益額と損失額を1,000円に統一します。すると、勝率を50%以上にすることだけに集中すればOKです。

デイトレで勝てる取引設定の例:
・ 利食い額と損切り額を毎回同じにする。
・ 勝率を50%以上にする。

このトレード方法を支援してくれるシステムが、FXトレードフィナンシャルの「らくらくFX」です。2014年12月8日(月)から利用できます(下のキャプチャはFXトレードフィナンシャルHPから引用。以下同じ)。



 

らくらくFXでデイトレードに挑戦


ここで、らくらくFXの画面をご覧ください。



画面の右上(2)で損益幅(pips)を決定します。そして、(3)で実際の損益額を100円単位で決定します(利益になる場合と損失になる場合の額は同じになります)。すると、(2)(3)を同時に満たす取引数量が100通貨単位で自動で決定されます。

通常のトレードですと、先に取引数量と損益幅(pips)を決めます。すると、実際の損益額は毎回バラバラになります。これは困ることです。極端な例を出しましょう。

(例)利益100円で9回勝ったが、損失が1回あってマイナス1,000円だった

この場合、勝率は90%ですが、損益合計は100円のマイナスです。らくらくFXは、損益額を毎回一定にすることにより、この不都合を解消してくれるのです。このシステムにより、勝率を50%以上にすることにのみ集中することが可能となります。

そして、成行でトレードを開始して、あとは利食いまたは損切りが成立するまで待つだけです。利食いも損切りも成立しない場合は早朝5:30に成行で清算されます。デイトレですから翌日に持ち越しません。

この清算で特筆すべきことがあります。それは、らくらくFXでは「スリッページが発生しない」仕組みになっています。デイトレは一般的に損益幅が小さいので、スリッページが不利な方向に発生すると痛い結果になりかねません。しかし、らくらくFXはスリッページがありませんので、安心して取引可能です。


その他、らくらくFXの特徴をご紹介しましょう。

(1) 取引開始後、利食い注文と損切り注文を変更できない。
この記事の冒頭で、デイトレで勝てない理由の例を2つ書きました。いずれも、当初設定した利食い注文と損切り注文を事後的に変更しています。これを不可とすることにより、取引開始前によく考えるように促すとともに、事後的に設定を変更しない訓練になります。

(2) 100通貨から取引可能
らくらくFXはデイトレ初心者向けの機能が中心です。このため、最低取引数量も小さくしてあります。

(3) スプレッド
取引可能な通貨ペアとスプレッドは以下の通りです(固定スプレッド)。
USD/JPY 1銭
EUR/JPY 1銭
GBP/JPY 2銭
AUD/JPY 2銭

システム利用料がこのスプレッドに含まれているでしょうが、それでもこのスプレッドは狭いという表現で良いでしょう。EUR/JPYの1銭については、通常の相対取引として他社と比較しても、競争力を持った狭さだと言えるでしょう。 
 

今まで概観してきたことを一言でまとめましょう。「デイトレ初心者や、デイトレで勝てない人のために開発されたシステム」だと言えるでしょう。

さらに、このシステムはFXトレードフィナンシャルで提供されているため、以下のトレード補助ツールも使用可能になります。
・ オートチャーティスト
・ 未来チャート

実際に触ってみて、使い勝手の良いツールだと判断できるならばどんどん使いましょう。
 

  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事