TOP > 人気記事 > ストラテジープロバイダーも参戦!シストレ24(インヴァスト証券)

ストラテジープロバイダーも参戦!シストレ24(インヴァスト証券)

2015/03/16


前回、システムトレードと裁量トレードの違いを概観しました。今回は、システムトレードの実際の使い方を概観します。システムトレードのサービスを提供している会社はいくつもありますが、ここでは、工夫を凝らしたサービスを提供しているシストレ24(インヴァスト証券)を考察します。


→ FXでシステムトレードするなら、インヴァスト証券?
 

システムトレードの使い方そのものはとても簡単です。たった2ステップです。

(1) ストラテジーを選ぶ
(2) 取引開始
 
ストラテジーとは、取引の方法(いつ取引を開始して、いつ決済するか)を設定したプログラムのことです。 そして、システムトレードをした結果、勝つか負けるか。これを決める要素も簡単、たった一つです。

(1)  勝つストラテジーを選択したかどうか

勝つストラテジーを選択して自動取引すれば勝ち。そうでなければ、利益をあげられないか、損するか。とても単純です。

しかし、ストラテジーを選ぶのは単純ではありません。何しろ、シストレ24のストラテジの数は1,500を超えます。そこから優秀なストラテジーを選べと言われても、雲をつかむような話です。

そこで、シストレ24では様々なソート機能を導入したり、分かりやすいアイコンを数多く使ったりしています。これにより、ユーザーがストラテジーを選択するのを支援しています。

このような機能は、システムトレードのサービスを提供する会社ならばおおよそ備えている機能です。この記事では、シストレ24独特の機能をご紹介しましょう。

 

ストラテジープロバイダーが実際に取引


シストレ24では面白い試みを実行しています。

・ ストラテジーを提供している会社(ストラテジープロバイダー)にシストレ24で取引してもらい、その成績を公開しています!

ストラテジープロバイダーから見れば、大変なプレッシャーです。というのは、これで悲惨な結果を出してしまうと、会社の経営に影響が出てしまうかもしれないからでず。システムトレードで勝てない会社が提供するストラテジーを信用しなさいと言われても、無理です。

しかし、この困難なタスクを引き受けている会社があります。自信のほどが伺えます。

そこで、彼らが実際に取引しているストラテジーを見ると、1点集中で一つのストラテジーのみで取引していません。5個~15個程度のストラテジを同時に使用しています。こうすることで、あるストラテジの調子が悪くても他のストラテジーでカバーするという意図が見えます。

あるいは、同じような条件で勝てるストラテジを複数同時に投入することにより、より大きな利益を狙っている可能性もあります。この方法は少々危険性が高くなりますが、成功するときの利益も大きくなるでしょう。

そして何よりも素晴らしいのは、取引開始後数年が経過していますが、投資元本に対する利益率が100%前後であることです(本記事掲載時点の成績)。ストラテジープロバイダーの名前にふさわしい、素晴らしい成績です。


彼らが有能であることは分かりました。しかし、それを見せつけられて終わりでは面白くありません。素晴らしいことに、彼らが使っているストラテジーをそのまま使って取引できます。

というわけで、これからもストラテジープロバイダーの成績は良好だろうと信じるならば、彼らが選択したストラテジーのマネをして取引すると良いでしょう。

ただし、注意点があります。


注意1: 
ストラテジープロバイダーの成績は好調です。しかし、これからも同様に好調だという保証はありません。過信は禁物です。しかし、良好な成績を出しているというのも事実です。そこで、皆様のリスク許容度を勘案して、どのように取引すべきか考えましょう。

注意2: 
ストラテジープロバイダーは、採用するストラテジーを随時見直しています。調子が悪いかな?というストラテジーを削除し、調子の良いストラテジーを入れています。

そこで、一度取引を開始した後はそのまま放っておけば良いということではありません。ストラテジープロバイダーがどのように行動しているのか、随時確認しましょう。
 

注意点として2つ上げました。両方とも重要な内容です。

このシステムトレードと裁量トレードのどちらが負担が少ないかと言えば、システムトレードでしょう。注意点2で採用するストラテジーの変更について書きましたが、毎日見直す必要はありません。1週間に1回、場合によっては1か月に数回でも良いかもしれません。

裁量トレードよりも頻度が少ないです。


また、ストラテジープロバイダーが採用しているストラテジーの傾向を調べれば、「どのようにストラテジーを選ぶべきか」が分かる可能性があります。ストラテジープロバイダーでなく、皆様自身が適切なストラテジーを選択できるようになれば、「マスター・オブ・シストレ」を自任することも可能でしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事