TOP > 人気記事 > ジョイントレードでストラテジーを有効利用!:シストレ24(インヴァスト証券)

ジョイントレードでストラテジーを有効利用!:シストレ24(インヴァスト証券)

2015/03/19


前回、シストレ24(インヴァスト証券)を紹介しました。そこでは、ストラテジーを提供している会社(ストラテジープロバイダー)が実際にストラテジーを選択して成績を公表している様子を概観しました。


さすがはストラテジープロバイダー!と言ったところでしょうか。優秀な成績を収めています。

→ ストラテジープロバイダーも参戦!シストレ24(インヴァスト証券)

今回は、シストレ24の特徴の2回目をお送りします。「ジョイントレード」 と「エクストラトレード」です。2つは似たような機能ですし分かりやすいので、取り組みやすいでしょう。
 
 

ジョイントレード


ジョイントレードとは何でしょうか。最初に、インヴァスト証券がホームページ上で公開している説明図をご覧ください。



上の図で説明しましょう。今、調子が良いストラテジーがあったとしましょう。買いのポジションを持っていますが、含み損になっています。

・ ストラテジーの調子は良い
・ 含み損である →損切りまでの距離は近いから、損しても軽傷
・ 含み損である →利食いまでの距離は遠いから、利益を確保できたら嬉しい

これを狙った取引です。含み損から挽回するのは大変かもしれませんから、好調なストラテジーで実行します。

筆者はスイングトレードとポジショントレードを主戦場にしています。思い返すと、買った直後に一気に上昇して利益を確保できた!やった!という場合はとても少ないことに気づきます。

勝ちトレードの場合も、たいていは買った後に多少は含み損が出るものです。そして、すすーっと上昇します。ジョイントレードはこれを明示的に狙ったものです。

基本はシステムトレードですから、損切りと利食いの注文を出す必要はありませんし、無理にジョイントレードをする必要もありません。しかし、好調なストラテジーをさらに生かそうという積極的な方法です。

 

エクストラトレード


エクストラトレードについても、インヴァスト証券がホームページ上で公開している説明図をご覧ください。



上の図で、あるストラテジーが買いポジションを持ちました。このストラテジーは極めて調子が良いので、為替レートは上昇下落を繰り返しながらも全体としては上昇しています。よって、一気にドカンと利益を確保したいと考えたとします。

ストラテジーがポジションを持っている途中で1回だけ買うのはジョイントレードです。エクストラトレードは2回、3回と追加で買う方法です。よって、考え方としては難しくありません。ジョイントレードを理解していれば、自然とエクストラトレードも理解できます。

最初の買い・・・ジョイントレード
2回目以降の買い・・・エクストラトレード

そして、ストラテジーの調子は良いのですから、以下の考え方が可能です。
→ 含み損になったが、ストラテジーの調子は良いから買った。
→ 予想通り、含み益になった。そこで、追加で買ってみた。
→ さらに含み益が大きくなった。さらに追加で買って利益を大きくしようとした。

損切りと利食いについては、システムトレードにお任せです。ユーザーは何もする必要がありません。


さて、筆者のエクストラトレードに対する印象は、「ピラミッディングと似ている」です。ピラミッディングとは、あるポジションを持ち、含み益になったら買い増し、含み益が増えたらさらに買い・・・として利益を大きくする方法です。

よって、エクストラトレードのリスクもピラミッディングの場合と似ているということになります。このトレード方法の利点と注意点は表裏一体です。すなわち、勝つときは大勝ちできますが、負けるときは大損になりうるということです。

エクストラトレードを採用する場合は、損切りポイントをシステム任せにせず、状況が厳しいときは手動で決済する必要があるかもしれません。

また、このリスクを緩和するために、エクストラトレードを採用する場合は、最初にジョイントレードで訓練を積むと良いだろうと思います。経験は何事にも代えがたい力となってくれるでしょう。

 

ストラテジープロバイダーが採用しているストラテジーで、ジョイントレードを実行


シストレ24では、ストラテジープロバイダーが実際にストラテジーを実行した成績を公開しています。とても素晴らしい成績です。彼らが採用しているストラテジーをそのまま使うのも良いですが、ジョイントレードやエクストラトレードでさらに好成績を狙うことも可能でしょう。

例えば、こんな感じで2つの戦略を同時に実行します。

(1) ストラテジープロバイダーが採用するストラテジーをそのまま採用してトレード
(2) 好調なのに含み損になっているストラテジーに対して、ジョイントレードで参戦

(2)だけでも良いのですが、「いつジョインするか?」で迷ってしまうかもしれません。また、ストラテジーが買った直後に急上昇して悔しい思いをしたくもありません。そこで、2つに分けています。

皆様の参考になれば幸いです。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事