TOP > 人気記事 > 本当に24時間取引できる会社はどこ?|FXレア情報1

本当に24時間取引できる会社はどこ?|FXレア情報1

2014/07/08


今回は、FX口座のレア情報をお送りします。

レア情報ですから、100人にご覧いただいて100人全員が有用だと思う情報ではないかもしれません。

しかし、トレード方法によっては、この情報が重要かもしれません。
あるいは、今は不要でも、将来のいつか有用な情報になるかもしれません。

このレア情報で「おっ!いいかも?」と思っていただければ幸いです。
 


FX各社のウェブサイトを見ると、月曜日早朝から土曜日早朝まで、24時間取引可能と書いてあります。
株式、投資信託、債券等の取引可能時間と比べて、圧倒的に長いです。
この取引時間の長さが、FXの魅力でもあります。

しかし、これをもって本当に24時間取引できるんだ、と判断すると、困る場面に遭遇するかも知れません。

というのは、各社ウェブサイトで説明をよく読むと、日本時間で火曜日から金曜日までの午前7時(夏時間のときは午前6時)をまたぐ何分かの間、メンテナンスのために取引できない時間帯があるからです。


なんだ、そんな時間どうでもいいじゃないか?と感じるかもしれません。
しかし、厳格に日足の始値で取引を開始したり、日足の終値で清算したりしたいと考える人にとっては、これは大事なことです。

バックテストは日足四本値(始値、高値、安値、終値)を使って検証するのに、実際の取引では、わずかとはいえバックテストと異なる時間に取引しなければならないのです。
(バックテスト:過去の為替データを使って、特定の投資戦略を実行した時の運用成績を調べること。)

すると、期待した利益と実際の利益が異なる可能性があります。
ある期間での実際のトレード成績は芳しくなかったけれど、同じ期間で改めてバックテストをしてみたら、なかなか良い結果が出ていた、なんてこともあるかもしれません。

これを苦痛に感じる人もいるかと思います。

あるいは、毎日の生活習慣の都合で、午前7時(夏時間は午前6時)くらいの時間帯に取引できたほうが都合が良い、という方もいらっしゃるかと思います。


そこで、「本当に24時間トレードできる会社はどこか?」という視点から、裁量取引について取引できない時間帯が短い会社を探しました。

MT4、システムトレード、くりっく365は調査対象から外しました。
結果は以下の通りです(順不同)。
 
会社名 取引不可の時間帯
 FXCMジャパン証券 なし
 GMOクリック証券 なし
 IG証券 なし
 アルパリジャパン なし
 サクソバンクFX証券 なし(例外あり)
 上田ハーローFX なし

日時メンテナンスのために毎日5分間~15分間取引できないという会社が多い中で、上記の会社は文字通り24時間取引できることが分かりました。

なお、スプレッドについて、各社全てを調べたわけではありませんが、日本時間で夜に取引するようなスプレッドをこの時間にも期待するのは無理があります。

ほとんどの人が取引していないような時間帯です。
この時間帯に取引できるだけでもOKと考えるべきでしょう。

例として、GMOクリック証券を調べてみました。2014年7月8日(火)午前6時過ぎのUSD/JPYのスプレッドは1.5銭、EUR/USDは1.6pipsでした。
こんな時間の取引なのに、この数字。アッパレというほかないでしょう。
このようなスプレッドを提示して、本当に利益を確保できているのだろうか?と要らぬ心配をしてしまうほどです。


なお、サクソバンクFX証券の「(例外あり)」について説明しますと、サクソバンクで取引可能な通貨ペア数は150にもなります。
他社を圧倒する通貨ペア数を誇りますが、それはすなわち、多くの人が聞いたこともないようなマイナー通貨ペアの取り扱いもあるということです。

例えば、USD/OMR。OMRって何だ?という人が多数だと思います。正解は、オマーン・リアルです。
この通貨ペアは、午後3時~午後11時(夏時間:午後2時~午後10時)の間に取引可能です。

このように、とてもマイナーな通貨ペアについて、取引できる時間帯が個別に定められています。

**********

今までは、文字通り24時間取引できる会社について概観してきました。

しかし、取引不可の時間は10分間くらいだったら全然問題ないよ、でも30分となると厳しいかな、という人もいらっしゃるかも知れません。 そこで、取引不可の時間が5分間~10分間の会社も紹介しましょう。

結果は以下の通りです(順不同)。

○ 取引不可の時間が5分間の会社
会社名または口座名 取引不可の時間帯(標準時間)
 ワイジェイFX(外貨ex) 6:55~7:00
 アイネット証券 7:00~7:05


○ 取引不可の時間が10分間の会社
会社名または口座名 取引不可の時間帯(標準時間)
 FXブロードネット 6:55~7:05
 ひまわり証券 6:55~7:05
 ライブスター証券 6:55~7:05
 FXトレードフィナンシャル 6:55~7:05
 外為オンライン 6:55~7:05
 ワイジェイFX(C-NEX) 7:00~7:10

こうして並べてみると、各社とも取引不可時間を減らせるように努力している様子が、何となくですが推察されるような感じがします。
 
なお、取引可能時間につき細心の注意を払って確認しましたが、実際に取引される際には、各社のウェブサイトでご確認くださいますようお願いします。


<FXレア情報シリーズ>
1 本当に24時間取引できる会社はどこ?
2 海外から日本のFX会社で取引する!
3 手数料が安い外貨入手方法
4 電話取引可能なFX会社
5 月曜日早朝に取引できる会社はどこ?
6 外貨を証拠金にできる会社
7 有利に両建てできる会社は?
8 スプレッドが広がらない会社
​9 ロスカットされる基準は?


  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事