TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年5月4日、米ドル/円、ポンド/円)

今週の為替レート予想(2015年5月4日、米ドル/円、ポンド/円)

2015/05/04

毎週月曜日、主な通貨ペアの動向について予想する記事をお届けしています。今週は米ドル/円(USD/JPY)とポンド/円(GBP/JPY)についてお届けします。最初に、USD/JPYです。

先週の予想は以下の通りでした。
・ USD/JPY=118.50円を下に抜けるのは大変だ
・ 円安方向に行くとしても、122円弱あたりにある相場の壁を上に抜けるのは大変だ

結果は以下の通りでした。

118.50円ちょうど辺りまで円高になった後、円安方向に切り返しました。先週金曜日末時点の為替レートは120円を超えています。USD/JPY=118.50円の壁が更に強化される結果となりました。

では、今週の相場を占いましょう。下のチャートをご覧ください。


円高方向には、依然として118.50円の壁が強烈に作用していると考えます。先週後半の円安基調が円高に転換する場合は、このレートあたりでいったん値動きが止まりやすくなったり、反発しやすくなったりすると予想します。

そして、このレートを破って円高になるときは、今まで円高方向に行きたいけれども行けなかったというエネルギーが放出される可能性があります。よって、大きな円高になり得ると想定できます。

一方、円安方向ですが、わずかな範囲にいくつも相場の壁を確認することができます。121円台後半の壁が最も強い壁のように見えますが、それを超えても122円の高値という節目があります。USD/JPY=122円を一気に超えて円安になることは難しいと予想します。

結論としては、今週も先週までと同じく、118.50~122.00で推移するという予想になります。

 

ポンド/円(GBP/JPY)


次に、ポンド/円についても考察しましょう。最初に、直近5か月のチャートをご覧ください。


このチャートをご覧いただくと、2015年1月~4月末にかけてボックス相場を形成しているように見えます。そして、先週末時点でボックス相場の上限に近づきつつあります。

この場合、どのように予想すべきでしょうか。ゆったり為替の場合、予想しません。予想はしませんが、いくつかに場合分けしてトレードを考えます。

 

その1: ボックス相場の壁で反落して再び円高方向に向かう場合


この場合は、GBP/JPYを売ることを考えます。損切りはボックス相場の端辺りのレートです。そして、利益を得るときの最大値は、ボックス相場の下限あたりです。175円~176円くらいでしょうか。

あとは、いつ売るか?です。これが最も難しいのですが、これは経験を積む必要があるかもしれません。これが完璧に分かればトレードはずいぶん楽になるはずですが、なかなか難しいです。
 

その2: ボックス相場の壁を円安方向に突き抜ける場合


円安方向に抜ける場合は、GBP/JPYを買います。目標値を見つけることが難しいですが、2014年12月高値あたりである190円弱が目途になるかもしれません。

この時の損切りですが、為替レートが再びボックス相場にもどる辺りです。ここだ、というレートを明確に書くことが難しいのですが、ボックス相場に戻る過程でいつまでも買いポジションを持つことは損の拡大につながります。どこかで損切りが必要でしょう。


このように、あえて相場を予想しないで、円安方向と円高方向の両方についてシナリオを考えながらトレードすると、為替レートが予想(希望?)と異なる動きをしても対応できるかもしれません。
 

さて、このコーナーでFX口座をご紹介する場合、一つの通貨ペアでスプレッドが狭いという口座の紹介を多くしてきました。今回はUSD/JPYとGBP/JPYのスプレッドが同時に狭いFX口座のご紹介です。

GMOクリック証券です。

スプレッドの大きさ:
USD/JPY 0.3銭
GBP/JPY 1.1銭

USD/JPYのスプレッドと比べて、GBP/JPYのスプレッドが大きいなあ・・・と思うかもしれません。しかし、この数字が業界最小水準ですし、そもそも為替レートの値動きが大きく異なります。

今年に入ってからの値動きの大きさ(高値-安値)を比較してみましょう。

USD/JPY: 6円(600銭)くらい
GBP/JPY: 10円(1,000銭)くらい

GBP/JPYのほうが大きいです。また、上のチャートを見ると、今年についてはGBP/JPYのほうがトレンドが分かりやすい状態です。将来の値動きは分かりませんが、USD/JPY以外の通貨ペアにも注意を払うと、取引の機会が広がってくるでしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事