TOP > 人気記事 > 米ドル/円(USD/JPY)以外の通貨ペアも、陰線が続いた次の営業日は円安になりやすい?

米ドル/円(USD/JPY)以外の通貨ペアも、陰線が続いた次の営業日は円安になりやすい?

2015/05/15


為替レートは上がったと思えば下がり、下がったと思えば上がります。フラフラと動いてばかりで、なかなか私たちの思い通りには動いてくれません。


しかし、2回にわたって検証した値ごろ感の記事で、こんなことが分かりました。「米ドル/円(USD/JPY)の日足について、連続して陰線が出ると、 その次の営業日は陽線が出やすい。」

では、他の通貨ペアでも同じ傾向を確認できるでしょうか。すなわち、豪ドル/円(AUD/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)も、連続して陰線が出た後は陽線が出やすいのでしょうか。

今回は、それを調査しました。

USD/JPYの値ごろ感と同様に、連続して陰線が出た次の営業日は陽線が出やすいという結果が出たとしましょう。すると、デイトレードをする際に大きな武器となるでしょう。なぜなら、取引をする前から「過去10年のデータから判断すれば、今日の円安確率は65%だ」などと分かっていれば、今日は円安方向に特に注意しながらトレードするかな・・・と考えることができるからです。

では、調査結果及び分析を下に掲載します。

 

1.豪ドル/円(AUD/JPY)


AUD/JPYの結果は以下の通りです。表及びグラフをご覧ください。


USD/JPYのような感じではありません。連続して陰線が出れば出るほど翌日は陽線が出やすいという関係にはありません。そうはいっても、6回連続で陰線が出ると、さすがに翌日の陽線確率が高くなります。

ここで、先日の記事「豪ドル/円(AUD/JPY)は、特定の曜日や日付で特徴的な動きをするだろうか?」 を思い返してみてください。そこで確認したことを簡単にまとめます。

・ 全ての曜日で円安になる確率は50%を超えている。
・ 円安になる確率は全体で55%である。

ここで書きたいことは、「陰線が連続して出たからと言って、翌日に陽線が出る可能性が高くなるわけではない。前日が陰線であろうがなかろうが、翌日に円安になる可能性は55%である。」ということです。

AUD/JPYに関しては、陰線の次は陽線になりやすいという傾向は見られないと言って良いでしょう。なお、最後にいきなり陽線になる確率が100%になっていますが、8連続陰線までで9連続になったことは無いことを示しています。

 

2.ユーロ/円(EUR/JPY)


次に、EUR/JPYを見ましょう。


EUR/JPYも、特段これといった特徴はないように見えます。陽線になる確率が全て50%を上回っていますが、陰線が連続すれば陽線になる確率が大きくなるという強い傾向は見られません。

ここでもAUD/JPYと同じく、8連続陰線後にいきなり陽線率100%になっています。9連続で陰線が続いた場合がないことを示しています。

 

3.ポンド/円(GBP/JPY)


最後に、GBP/JPYを確認しましょう。


GBP/JPYの大きな特徴は、陽線が出る確率が50%を下回る場合があるということです。すなわち、陰線が連続すると、その翌日も陰線になりやすいということです。

GBP/JPYの値動きの特徴として、「トレンドが出やすい」と言われることがあります。トレンドが出るとはすなわち、ひとたび円安または円高の流れが出来上がると、継続してその方向に進むということです。陰線が連続した次の営業日も陰線になりやすいという結果は、GBP/JPYはトレンドが出やすい通貨だという主張を補強する材料になるかもしれません。

また、他の通貨ペアと異なり、最大で10日連続で陰線が出ています。この期間の最初からGBP/JPYを買って持っていたとすると、かなり気が滅入ってしまう展開でした。ここでも、「GBP/JPYはトレンドが出やすい通貨ペアだ」ということを証明する材料を提供しました。
 

以上、3通貨ペアについてみてきました。GBP/JPYを除き、「5連続~6連続程度陰線が続けば、その翌日は陽線が出やすくなる」という結論で良いかな、と思います。これらの通貨ペアでデイトレードで攻める場合は、スプレッドの小さなFX口座を選択しましょう。

GMOクリック証券のスプレッドはUSD/JPYで0.3銭、EUR/JPYで0.6銭など、とても狭いスプレッドを提供しています。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事