TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年5月18日、米ドル円、ユーロ円)

今週の為替レート予想(2015年5月18日、米ドル円、ユーロ円)

2015/05/18


毎週月曜日相場予想をお届けしています。今回は米ドル/円(USD/JPY)とユーロ/円(EUR/JPY)をお届けします。


 

米ドル/円(USD/JPY)


USD/JPYは先週も方向感のない動きに終始しました。しかも、週を追うごとに値動きが少しずつ小さくなっていることが分かります。先週の高値と安値の差は100銭を超えるくらいしかありませんでした。

こうなると、スイングトレードやポジショントレードは完全にお手上げです。次の相場展開を待つことになります。デイトレードなら対応できるでしょうが、それでも利益獲得幅は数十銭程度にとどまるでしょう。今週も同様の展開を予想します。

相場は次の大きなニュースを待っているようにも見えます。すなわち、米国の政策金利引き上げです。しかし、早ければ6月にも引き上げかと言われていましたが、市場予想は6月よりも後に徐々に移動させているようにも見えます。

実際にどうなるか不明ですが、果たしていつまで現在のボックス相場が続くのか?です。これからも続くならば、今しばらく我慢の展開です。


次の展開を待つのではなく、今勝負したいならば、先日ご案内しましたループイフダンが候補になるでしょう。値動きが小さいので15銭ごとに発注と決済を繰り返すパターンを売り買い両方に設定し、損切りはボックス相場を少し離れたところに設定します。

ループイフダンには損切りを設定できませんが、それに代わる方法がありますので、相場がボックス相場から離れる場合を考えて注文を設定しましょう。

もう一つ、バイナリーオプションも候補になります。バイナリーオプションの良い点は、為替レートの値動きが大きかろうが小さかろうが関係がないことです。判定時刻の為替レートが目標レートの上にあるか下にあるか?を考えるという商品ですから、どれだけ為替レートが動いたかという幅は関係がありません。

FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションは、ラダー、レンジ、タッチの3種類があります。値動きの小さい状況を考えれば、レンジが勝負しやすいか?という感じがします。レンジとは、判定時刻に為替レートが一定の範囲内に位置しているか、それとも外れた位置にあるかを予想するものです。

実際のところ、先月の顧客のレンジの成績を見ますと、損した顧客の割合が38.5%となっています。すなわち、61.5%の顧客がレンジで勝っています。全体の6割が勝つというのは大変な数字です。今月もこの調子で顧客は勝てるでしょうか。
   

ユーロ/円(EUR/JPY)


値動きの少ないUSD/JPYに比べて、EUR/JPYは比較的大きな値動きがありますので確認しましょう。下のチャートをご覧ください。2015年4月初日以降の日足チャートです。



この値動きを見て、昨年12月に掲載しました「AUD/USD(豪ドル/米ドル)分析」を思い出していただけたら嬉しいです。そこでは、チャート分析の手法として以下の図をご案内しました。

簡略に復習しましょう。始めにある一定の幅で上昇します(A)。その後少し下落して再び上昇に転じるとき、(A)と同じ幅だけ上昇すると期待できるというチャート分析手法です。AUD/USDの記事では月足チャートで分析しましたが、この分析方法は日足でも使えます。そこで、EUR/JPYのチャートに上の図のように線を引いてみましょう。



すると、目標値は142円くらいとなりました。損切りレートは133円台でしょうか。先週末の終値が136円台半ばですから、最大で500銭以上の利益を見込めるという結果です。損する場合は300銭くらいでしょうか。

では、目標値142円に向かって全力で買うぞ!・・・これは止めたほうが良いでしょう。というのは、ギリシャ情勢があるからです。ギリシャ絡みでいつどんなビッグニュースが飛び込んでくるか分かりません。ニュースによっては、今年4月から続いているEUR/JPYの円安トレンドが終了するかもしれません。

また、そもそもチャート分析は間違えることもしばしばあります。

そこで、142円くらいというのは最大目標値くらいという意識にして、実際はいつでもポジションを決済して逃げられるようにしながらトレードするくらいでちょうど良いと思います。
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事