TOP > 人気記事 > 今週の為替レート予想(2015年5月25日・・・とうとう動くか?USD/JPY)

今週の為替レート予想(2015年5月25日・・・とうとう動くか?USD/JPY)

2015/05/25


毎週月曜日に今週の相場予想をお届けしています。

先週までの米ドル/円(USD/JPY)は動きがさっぱりでしたが、先週末にかけて動きがみられました。今週はその様子を確認するとともに、今後のあり得る動きを考えましょう。

最初に、2014年12月から先週までのチャートをご覧ください。日足終値をつなげたものです。



USD/JPYは、何か月にもわたってボックス相場で動いてきました。時間を経るにしたがって値動きの幅が徐々に狭くなるという状況でした。しかし、先週末にかけて円安に動きました。5月22日(金)終値時点でボックス相場の上の端にあります。ここを上に抜けるか、あるいは反落するか?というきわどい位置にあります。

しかし、よく見ると、すでにボックス相場の上限を超えているようにも見えます。といいますのは、以下の考え方によります。

(1) 5月20日(水)にボックス相場の上限に到達しました。
(2) 翌日21日に反落しました。 
(3) しかし、22日には再び円安に復帰し、5月20日の終値よりも円安水準で取引が終了しました。

この結果、終値ベースで確認しますと、わずかではありますが、ボックス相場の上限を超えた位置にいます。今後の状況を2つに場合分けして考えましょう。


1. 実はまだボックス相場が終わっていない場合

この場合は、再び円高になるか、あるいはUSD/JPY=121円台の攻防戦が繰り広げられることになるでしょう。攻防戦が長期化するときは、筆者の経験では、再び円高方向に押し戻される可能性が高くなるように思います。

2. ボックス相場が終了するとき

ボックス相場が終了するときとはすなわち、円安方向に進む時です。では、円安方向に進む場合は、目標値をどのように設定すれば良いでしょうか。最初に、チャートを眺めてみましょう。相場の壁らしいものを確認することが難しいです。そこで、2007年までさかのぼって考えます。下のチャートです。



すると、リーマンショック前の高値が見えます。USD/JPY=124円台が最高値です。月足終値で考えますと、USD/JPY=123円台が相場の壁として使えそうです。すなわち、円安目標値として使用可能です。

次に、直近の日足をローソク足で考えましょう。



この形は、この記事のコーナーでしばしば出てくる形です。すなわち、上昇したあとにいくらか下落し、そして再び上昇する場合です。この場合の目標値は比較的容易に求めることができます。下の図の通りです。



この目標値計測方法につきましては、記事「AUD/USD(豪ドル/米ドル)分析」をご覧ください。このようにして目標値を計測しますと、USD/JPY=123円台と出ました。これは偶然でしょうか。相場の壁を探して得た目標値がUSD/JPY=123円台。そして、日足を使ったチャート分析方法でも、目標値は123円台。

そこで、ボックス相場をしっかり超えて上昇する場合のUSD/JPY目標値を123円台とします。もう少し正確に書くならば、123円台前半でしょうか。

ただし、ボックス相場を形成していた期間が5か月以上もあります。これはとても長い期間です。この間に蓄積されたエネルギーが全て円安方向に放出される場合は、さらに円安に向かう可能性もあるでしょう。

実際にこの目標が達成されるかどうかについて、最も重要な分岐点はUSD/JPY=121円台半ばにあるボックス相場の壁です。今後、どのように動くのかを注視しましょう。
 

さて、このような重要な分岐点を超えて動く場合、相場が一時的に荒くなるかもしれません。また、取引すべきだと考えたときがちょうど取引の薄い時間帯(早朝など)にかかってしまい、スプレッドが一時的に広くなるかもしれません。

このような時でも安心して狭いスプレッドで勝負できることが望ましいです。

マネーパートナーズのnano口座は、基本的にいつでもUSD/JPYのスプレッドは0.3銭です。スプレッドを気にしないで思いっきりトレードしたい場合の選択肢となるでしょう。
 
  本記事の目的は情報提供であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。 本記事の閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本サイト運営者及び本記事執筆者は一切の責任を負いません。

著者情報

ゆったり為替
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。 FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。ゆったり為替が日々更新しているブログは、こちら【FXゆったりトレード派】http://yuttari-fx.com/

関連記事